湯の丸高原ロッジ花紋 ご予約・問合せ:0267-64-3377 
トップ
ロッジ花紋宿泊ご案内
このページです
花散歩
ゲレンデ情報
アクセス




湯の丸高原百花事典
百花事典
詳しくは上の写真をクリック


ロッジ花紋
長野県東御市湯の丸高原1270
TEL:0268-64-3377
FAX:0268-64-4004
 
湯の丸高原(春・夏・秋)
本土のほぼ中心に位置して、太平洋気候と日本海気候が交差し、気温の高低差が激しく特殊な地形と気象条件。そのため亜高山帯でありながら、高山性と低山性植物が混生しています。花の咲くものだけでも620種以上確認され、全国的にみても数少ない植物の宝庫として残されています。
湯の丸高原森林浴 県天然記念物の高山蝶
5月中旬より、カラマツ林の新緑は幻想的な雰囲気をかもしだし、特に池の平周辺の天然カラマツは全国でも数少ない自然林として貴重な存在となっています。この美しい自然の中にはカモシカ、キツネ、タヌキ、ウグイス、メジロ等の沢山の動物や昆虫が自然の恵みを受け生息しています。 中でも県天然記念物の高山蝶10種の内8種が確認されています。特に池の平周辺のミヤマモンキは、浅間モンキとも呼ばれ特有の蝶です。ベニヒカゲは数万頭が群発生する事が有り、保護監視員により厳重に守られている地域でもあります。 湯の丸高原全体に群生する約60万株のレンゲツツジは6月下旬には全山が燃えるように真っ赤になります。ほかに、コマクサ、アヤメ、ヤナギラン、マツムシソウなど季節ごと全国で類の無い大群落を満喫することができます。
湯の丸高原季節の花々に
つきましては右写真を
クリックしてください
湯の丸高原花散歩
湯の丸高原(冬)
駐車場を囲むように広がるゲレンデは、都心から2時間とアクセスもよく、日帰りスキーにも便利です。北海道に似た上質のパウダースノーのゲレンデは滑りやすさ抜群です。ビギナーから上級者まで、またスキーヤーからボーダーまで受け入れることができる環境が人気です。
ゲレンデ情報
     
トップ宿泊ご案内|湯の丸高原|花散歩ゲレンデ情報交通アクセス
 
Copyright (C) 2003-2004 lodge kamon. All. rights reserved.